パワー分析

①gamin training center→ファイル→tcxをエクスポート
②tcxファイル→excelで開く(バージョン10ではテキストとして開く)→エクセルファイルではないメッセージ→はい→XMLテーブルとして開く→excel形式で保存
③excelファイルに変換ができれば、excelのどのバージョンでも作業は可能かな?
power anylysis_templet.xlsxの元シートへデータをコピー
④データの加工
不要な項目を削除して作業がしやすくする。なんせどでかいデータなので・・・
元データは必ず残しておく。
⑤勾配の計算→AltitudeMeterとDistanceMeterの項目から計算(AltitudeMetersの差/Distance Metersの差)×100(小数点以下1桁で処理)
⑥速度を分速から時速へ換算
⑦データを勾配ごとに集める。このままソートすると計算式が入っているので具着茶になる。計算結果を別シートに数値としてコピーして処理する。

HPBでカスタム投稿

記事で、ブログへの投稿と別にしたい内容をどうするか。それには、post typeをブログと変える。
wordpress側では、カスタム投稿という機能があって、それを使うとブログと違うpost typeの記事を設定できる。
カスタム投稿をHPB側で設定するには、
投稿タイプを編集する。
①ブログページを選ぶ(投稿タイプ名を決める。)
②選んだページの「ブログ一覧」をパーツのプロパテ―(歯車のアイコン(右クリックでも)を表示する。
③管理を選ぶと、「投稿タイプ」の管理が表示される。
④追加を選ぶ
⑤識別子とラベルを入力する。管理画面を閉じる。
⑥投稿タイプのダウンメニューに追加したラベルが表示されている。それを選択する。
以上でpost typeの設定完了!

HTTP erorr 500からの復旧

レンタルサーバー移行によって不調なwordpress(ほとんど未記入だった)を削除したら、新しく立ち上げたsiteに影響が出た。いろいろ調べてみると、マルチサイト設定になっていたようで、削除してはいけなかったようだ。

症状は、
ダッシュボードにプラグインが表示されない。
新規ユーザが登録できない。
管理者権限がないとの通達!
マルチサイト設定、メンテナンスの時面倒なので使うのやめてたのに?

どう復旧するか?
最終的に、新しいシングルサイトのwordpress をインストールして、不調なサイトのデータとデータベースを移すことにした。移したデータは、
wp-content(mu-pulugins,plugins,themes,uploads)
データベースは全て
これで動作したが、ブログデータが移行できていなかったので、ダッシュボードの
ツール→エクスポートで出力
それを取り組んだ。
以上で作業終わり
終わってなかった!
後日サイトを開くと画像が表示されていない。→画像のリンク先を新しいディレクトリに変換できていなかった。

ウィジェットの表示

ホームページビルダSPでは、

ウィジェットは、検索、最近の投稿、最近のコメント、アーカイブ、カテゴリー、メタ情報の順で固定されている。

変更するには、WordPress側の

外観→ウィジェットで、変更する。

データベース

アイデアややることなどをメモすることはするけど、たまってくると、埋もれてしまう、散らばってしまう。そこでExcelやacssesなどを使ってデータを集約しようとする。Linux独自サーバで管理してみたりもやってみた。どれも長続きしなかった。

何が足りなかったのか。それは機動性、手帳のように持ち歩いて、何時でもどこでも書き込むということが出来なかったかな。タブレットの登場によって状況は一転した。

今度は、PC、タブレットなどでシームレスで使いたい。onenote,memento DBなど使ってみたが、ファイルへのリンク先が使用している機器のフォルダで、クラウドを選べない(memento DBは、独自クラウド間では可能だが、PCのアプリがない)。

やはり、独自環境か?と言ってもサーバを立てるのもメンテナンスが!今回は、wordpressにお世話になることにした。DBを操作するか、プラグインか検討した。「新たに作るのではなく、Wordpressの拡張性を利用できないか・・・」という記事を目にして、カスタム投稿、カスタムフィールドへ行き着いた。プラグイン”Types”を導入して開始!

薪割り

やってみると、体力もだけど、スキルが大切かな?
斧をねらい通りに当てるのはなかなか。
三時間ぐらいやって、やっとねらいの近くに振り下ろせるようになってきた。